風俗で指名が増えるコツはラストの5分にあり!

大阪で風俗嬢の仕事をしているみなさん。指名はたくさんもらえてますか? 
風俗(特にヘルス系)で稼ぎを増やすには、指名をどれだけとって、リピート客を増やすかにあります。
そんなことはわかっている。だから、サービスを一生懸命しているんだ。という声も聞こえてきますが、それは風俗嬢が指名を増やすためには「当然」のことです。ここで手を抜いたら、絶対に指名は増えるわけはありません。
ただ、逆に言えば、このサービスを一生懸命しても、指名が必ず増えるわけでもないのです。もちろん多少は増えるかもしれませんが、それをもっと増やす方法があるのです。

それは以下に書くことを実践できているかどうか、の違いです。
お客さんは、風俗に来るときに何を求めているでしょうか。単純に性欲を処理するだけのために来ている、という人もいるかもしれませんが、多くの場合求めているものは「疑似恋愛」です。その1時間の間、仮の恋人のような雰囲気で接してもらうことです。ですので、この演出ができるかどうか全く成果が違ってきます。
具体的なポイントはラストの5分です。
まず、たとえば1時間のコースの場合、だいたい55分でベルが鳴ったり、受付からコールがかかったりすると思います。ここで、「ああ、もう時間が来ちゃったね・・・」と、残念そうな言葉を出しましょう。

そして、さらに重要なのは、少しの時間だけ延長する、ということです。これは2~3分でいいのです。1時間がたったら、お客さんの身体に自分の身体を密着させて「もう少しこうしていてもいい?」、あるいは手を握って「ちょっとだけ手を握っていてもいい?」と言いましょう。
これで、「恋人気分」は最高潮に高まります。
これをやれば、そのお客さんは次にあなたを指名してくれることはほぼ確実です。これをどのお客さんにもしっかり実践すれば、またたく間に指名が増えるはずです。
大阪で風俗嬢の仕事をしているみなさん。この魔法のラスト5分を有効に使って、指名をがっつりとりましょう。