肛門を使ったアナルプレイとは

アナルは普段の生活では絶対と言って良いほど使われない言葉であるが、風俗業界では当たり前のように使用される。アナル、これは肛門の意味である。もっと分かりやすい言い方をするならば、お尻の穴という事になる。元々は外国の言葉であるが、今では風俗やAV業界で使われる事が一般化した。

多くの風俗嬢が関わるであろうプレイの一つにアナル舐めがある。これは大阪だけでなく全国的に行われているもので、お客さんのお尻の穴を舐めるプレイの事を言う。逆に男性客から舐められる事もあるが、大阪風俗でのアナル舐めはお客さんに対して女の子がする意味で使われる事が多い。

舐める以外にもアナルは活用される。それは、お客さんのペニスを直腸の内側で刺激する時だ。上側が口ならば、下側がアナルという訳である。アナル舐め、直腸での刺激、これらは共に女の子からNGプレイに指定する事が可能なので安心して欲しい。ただ、OKにしていた方が指名の幅が広がるのは確かだろう。うーん、私はちょっと嫌だなぁと言う人が多ければ多い程、逆にそのプレイの価値が高くなるのだ。

割合はアナル舐めOKの女の子が5割以上で、直腸内刺激は2割程度ではないかと思う。正確な数値は不明だが、おおよそこの程度だろう。慣れていないと違和感を感じるかも知れないが、風俗で働いているうちに抵抗感も薄れてきて自然な形でアナルプレイを始める女の子もいる。想像しているよりは、ずっと体への負担も少ないプレイなのだ。