求人情報からは見えてこない新しい風俗は稼ぐチャンスかも?

 大阪の風俗店巡りは楽しい。それはやはりそこで働いている風俗嬢が素晴らしいからです。特に大阪に限った事ではありませんが、大阪には新しい風俗を生み出す力が昔からあります。
 どんな新しい試みの店でも、働いている風俗嬢の感覚は大して変わりません。新しいスタイルであることをアピールするのはお客に対してであって、そういう店の求人情報は至ってふつうのことが多いです。

 ヘルス嬢やイメクラ樹、デリヘル嬢募集。これだけです。突拍子もないプレイを売りにすると、喜んでやって来るのはお客の方です。求人情報にそのプレイ内容を書いても、女の子にとっては何の魅力にもなりませんから、逆に引かれる可能性もあります。
 つまり、何が言いたいのかというと、求人情報にヘルスと書いてあったとしても、普通のヘルスでない可能性があるということです。勿論、面接で説明してくれるでしょうが、説明不足や勘違い等で入店してからびっくりすることがあります。

 悪質な店の騙し求人の話ではありません。ヘルスならちゃんとヘルスの範囲での仕事なのですが、奇をてらったサービスは、お客に向けてしかアピールしないという習わしが、誤解を招く可能性があるということです。
 しかし、こういったプレイをいち早く受け入れると稼げるチャンスです。そして、風俗では何かが流行ると一斉に全国に広がって行きます。そうなるとより高待遇で女の子を確保しようとなりますから、早くからそのプレイに慣れた子は、より良い待遇を求めて店を変わることが出来るようになります。

 風俗の流行り廃りは激しいので、柔軟に新しいプレイを取り入れられる子ほど稼げる機会も増えます。
 大阪は新しいスタイルの風俗が日々考えられてますから、無理は禁物ですが自分に合っていると思ったらチャレンジしてみてはどうでしょうか。