大阪の風俗

はじめに
大阪に限らず風俗嬢という仕事は基本的に日払いをしているお店がほとんどになります。給料制でやっているとこもあるかもしれませんが、かなりの少数派でしょう。その理由は、風俗という仕事をやるにあたって、毎日高額の給料を貰うことができることにメリットを感じて始める人が多いからです。仮に風俗嬢のほとんどが給料制だとしたら、ここまで風俗嬢をやる女性はいなかったでしょう。特に大阪は大都市に入りますので、風俗嬢という仕事もかなり多くあります。

日払いをできない場合
風俗嬢は高額の給料を日払いでもらうことができることがメリットだと記述しましたが、風俗嬢の中でも日払いをもらうことができない方もいます。その理由は様々ですが、一番多いものとして、バンス制度があるからです。バンス制度とは、いわゆる前借りのことを指します。バンス制度が普通と違うのは、前借りできる金額が大きいことと、毎日の出来高制の中で前借りすることになりますので、お店側にもデメリットがあります。それは、女の子が失踪して行方をくらましてしまうことです。

バンス制度はお店に借金がある状態と何ら変わりないので、お店には毎日支払いをしなくてはいけません。日払いをできない場合とは、バンス制度を利用した場合になります。と言っても生活するのに必要なお金はもらうことができるので、生活ができなくなることはありません。ですが、バンス制度を利用すると、辞めたいときに辞めることができなくなるので、利用しないことをオススメします。